big_trade(5711-5714).png big_trade(8253-4503).png

大きく利益の取れるこんなトレードを日々サヤトレで探しています。

2014年03月16日

フライデー投資法で祝杯を挙げてきました〜♪


 増田さんの著書の購入特典で頂いたフライデー投資法を実践し、今週は+1.24%の利益を挙げる事が出来ました。

 結構な額を投入しましたので利益もそれなりに大きく、昨夜は定食屋に出掛け家族に「好きなもの食べて良いよ〜☆」と珍しい一言を発してしまいました。

(豪華なお店じゃないところが私の小市民ぶりを表しているかもしれませんね(笑))

 子供たちはマグロ尽くし丼、私たち夫婦は寒ブリ定食・・・

 脂ものって生ビールと最高に合いました♪

 私は今まで【フライデー投資法の元になるエッセンス】を普段あまり目にしなかったのですが、こういったものにも気を配るべきなんだな〜と感じました。

 さすが着眼点が違いますね。

 来週末3/22(土)には、出版記念セミナーがあります。

 以前お願いしておきましたので、フライデー投資法の仕掛け日をある方法を用いて【金曜の寄付→木曜大引け】にシフトした場合のデータを発表して頂けると思います。

 書籍を購入&セミナーに参加した人だけの特典です。

 期待も高鳴りますね♪

 ところで私は【結論】サヤ取りにベストな証券会社比較でも述べている通りGMOクリック証券をメインに使ってきました。

 しかし、現在は銘柄数を絞って投資しているためカブドットコム証券に移っています。

 なぜなら今回のフライデーさや取りも該当するのですが、必ず片方の銘柄を空売りしなければならないからです。

 その時に、制度信用で売るのと一般信用で売るのとでは皆様ご存じの通り逆日歩が付く・付かないの大きな差があるんですよね。

 今回私は相手方を8,220株空売りしましたが、ポジションを持っている期間中に合計で0.5円×4日分で合計2円の逆日歩が発生していました。

 ただ、上述の通り一般信用で売って逆日歩を免除されているので16,440円を支払わないで済んでいます。

 金利が一般信用と制度信用では1.5%と1.15%で差引0.35%高いのはありますが、このメリットは金額換算すると無視してはいけない規模だと思います。

 カブドットコムのようにネット証券大手の場合、大型銘柄は制限数なく一般信用で売れる場合が多いです。

 なので、資金が一定規模を超えたら一般信用が使えないけど片道100円のGMOクリック証券よりも、片道1,260円のカブドットコム証券を使うのを視野に入れた方が良いかもしれませんね。

 当ブログ内でご紹介しているハピタスを経由して口座開設すると、あなたが1,800円もらえます。(この記事を書いている時点のポイント数。1pt=1円で振込手数料も無料です。)

kabu.com1800pt - コピー.bmp


 口座開設手続きには2週間弱かかるので、気になる方は次回のフライデーさや取り用に口座を準備しておくと良いかもしれませんね。


posted by スイングペアトレーダー at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月01日

材料ありて、株価変動あり。


 「フライデーサヤ取り」という概念を知って、自分の中でレパートリーが膨らんできました。

 その仕掛けに用いる材料を変えて考えれば、すぐに5種類くらいの投資パターンが出来てしまいます。

 正確に言うとすれば、サヤ取り投資家さん達のまとまった資金量を受け止められる銘柄だけでの話です。

 過去のチャートを見て、「これならイケる!」と思ったけど売買代金を見たら流動性の乏しい銘柄だった・・・なんていう事はよくある話です(笑)

 スクリーニングの条件を厳しくすると抽出される銘柄数は激減しますが、パフォーマンスは飛躍的に向上します。

 しかし良く見ると、明らかにカーブ・フィッティングを疑った方がよいものがチラホラ・・・

 お使いの投資ソフトの、そういった部分に注意を払う事をオススメします。

 結論を言ってしまえば、上がりそうな株と下がりそうな株を見つける事が私には難しいです。

 好材料が出てもそこが天井だったり、明らかに弱含みそうな銘柄でも「悪材料出尽くし」で逆に買われたりします。

 2つの銘柄を当てるよりも、ある企業がベンチマークに勝つか負けるか考える方がカンタンではないですか?

 一週間程度の期間だけ、日経平均もしくはTOPIXに勝つか負けるかさえ分かれば投資で勝てます。

 上げ相場のみならず、暴落相場でも充分生き残れます。

 問題は、その材料を何に求めるか?です。

 3/22(土)増田さんの初出版記念セミナーの懇親会で、聞いて頂ければお答え致します。

 人それぞれにはなってしまいますが、私は人為的に作り出された材料の方が手掛けやすいです。

 「製品が飛躍的に売れている、ユーザーが爆発的に増えている」というニュースを受け取っても、その業界に明るくなければどのくらい凄いのか分かりません。

 同業他社と比べてどうなのか?

 33業種合わせて算出される指数よりズバ抜けて良いパフォーマンスが期待できるのか?

 そういう手間が私は取れないので、(自分の中で)カンタンに出来る方法を用いていこうと思います。

 ちなみに今週は予告通りうまく行かず、信用取引用の現金が+1.56%で終わりました。

 来週以降もたくさん材料はあるので、3月に入りましたが頑張って行きたいと思います。

 次第に暖かくなってきましたので、なんだか気分も明るくなりますね!

posted by スイングペアトレーダー at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする