big_trade(5711-5714).png big_trade(8253-4503).png

大きく利益の取れるこんなトレードを日々サヤトレで探しています。

2012年12月29日

少額だが絶対100%勝てる取引。



 自分も含めて、世の中の投資家は「少額だけど絶対100%勝てるトレード」があったら、目の色を変えてひとつも漏らさないように取り組むだろう。


 お金に関して興味があるから投資を志しているワケで、これは当然の成り行きだと思う。


 しかし現実世界の話になると、これとは逆の事が起こる。


 どういう事か詳しく説明するが、長くなるのでまずこれを見て欲しい。


漢方スタイルクラブカードで受けたキャッシュバック金額の画像



 これは、先日我が家に届いたクレジットカードのキャッシュバック通知である。


 約1年間かけて貯めたポイントだが、ノーリスクで受け取れるお金がこれだけ貯まった。


 平均的な勝ちトレード1回分くらいだが、9万円を全くノーリスクで受け取れるとなると少し(だいぶ?)嬉しくなる。


 「どうせ物凄くお金を使っただけだろう?」


 そう言われそうだが、ちょっとした工夫と生活費をカード払いに変えたのみで余計な買い物はしていないし、仕組みは単純である。


 あまり有名ではないが、すごく割の良いクレジットカード(使った額の1.75%分ポイントが付く)でポイントを2重取り、3重取りできる仕組みを使うだけだ。


 それだけでこんなにお金もらえるのか!?と普通の人は不安になるかもしれないが、もちろん悪い事は一切しない(笑)


 まず、ハピタスというサイトで、「漢方スタイルクラブカード(JCB)」というクレジットカードを作る。


 (注:VISAやMASTERは2重取りできないのでJCBを選ぶ。他社など全てのクレジットカードが対象ではないので注意。)


漢方スタイルクラブカードの画像



 そうすると、いきなりハピタスからあなたが2,500円もらえる。(この記事を書いている時点のポイント数)


漢方スタイルクラブカードのハピタス説明画面



 2,500円を貰える理由?


 確かに、ちゃんと知っておかないとコワいかもしれない。


 カード会社は、利用者が買い物したトータル金額の数%が手数料として収入になるのは有名な原理だ。


 とりあえずお金をプレゼントしてでも、なるべく多くの人にカードを作ってもらいジャンジャン使って欲しいわけである(笑)


 (注:2,500円もらえるのはハピタスを経由した場合のみである。)


 そして、このカードで電子マネーnanacoにチャージして、なるべくイトーヨーカドー系のスーパー(ヨークベニマル、アリオ内のヨーカドー、ザ・プライスなど)で日々の食品をnanacoで買う。


 配偶者がメインで買い物するのなら、家族カードを作ってポイントを合算すると良いだろう。


nanacoのパンフレット



なんでそんなコトをするのか?


 クレジットポイントとnanacoポイントをダブルで頂くためである(笑)


 チャージするときに1.75%付いて、nanacoを使うときにまた1%付く。


ポイント二重取りしたレシート(笑)



 これで、食べ物を買った総額の2.75%がキャッシュバック確定だ。(1年単位だと本当に大きい)


 このカードは何をいつ買っても1.75%キャッシュバックされるので、ネットで何かものを買う時もこれを使った方が良い。


 その際はハピタスを経由すると楽天市場:1%分、Yahoo!ショッピング:2%分のハピタスポイントが楽天やYahoo!のポイントとは別に付与してもらえるので忘れない方が良いだろう。


楽天市場におけるハピタスのキャッシュバック率の説明文画像  Yahoo!ショッピングにおけるハピタスのキャッシュバック率の説明文画像



 ちなみにこれは、イトーヨーカドー系のスーパーだけではなく、nanacoで払えるお店が全て対象である。


 セブンイレブンのお弁当、Loftの雑貨、そごう・西武のブランド品とか、セブン&アイのグループ会社すべてがほぼ当てはまる。


 どこが対象外かは、時間があったら、7&iグループ会社一覧を見てみて欲しい。


 ただ、このキャッシュバック金額はとても食べ物だけでは貰えない。


 そこで、カード払い不可のものをカード払いする。


 おいNOBU、アタマ大丈夫?


 そう思われただろうが、とりあえずまだ大丈夫(笑)


 セブンイレブンでは、「nanaco払いOKだけど、nanacoポイントが付かないもの」がある。


 水道料金やクオカード、切手&はがき、タバコ、税金など。


しかし!



 nanacoポイントは付かなくても、漢方スタイルクラブカード(JCB)でチャージした時に、その1.75%分がクレジットポイントとしてシッカリ付いている☆


 つまり、いま説明している方法を使えば間接的にカード払いOKになってしまうのだ。


 これ、けっこう大きい。


 水道料金とか自動車・バイクの税金、国民年金とか固定資産税・・・


 銀行で納めないで、セブンイレブンでnanaco払いすると物凄い量のポイントが付く(笑)


 会社で使うハガキや切手を買うとき、郵便局で買わないでセブンイレブンで買うとあなたがトクする。


 あと、QUOカードの高金利も利用しない手は無い。


 コンビニ各店では、10,180円分使えるクオカード(QUOカード)が1万円ジャストで売っている。


10,180円分使える1万円のQUOカード(笑)



(なぜかは分からないがプレミアなし(利用金額1万円ジャスト)も同時に売っているので間違って買わないでほしい


 これで買った瞬間に1.8%もの高金利が付くワケだが、実はコレもnanacoで買えるので2重取りが可能だ(笑)


 このクオカード、すかいらーく系のファミレス(ガスト・夢庵・バーミヤン等)・デニーズ・マツモトキヨシ・セブンイレブン含むコンビニ各店などで共通して使える。


 その他にも使えるお店が多くあるので、時間がある時にクオカードが使えるお店一覧で見てみてほしい。


 これ聞いたら、金券ショップはピンチかもしれない。


 さらに、すかいらーく系のファミレスやファミリーマートでは会計する時にTポイントが貰えるのも有名な話だ。。


 ↑でお得に買ったクオカードで会計する時、Tポイントカードも出してしっかりトリプルで頂くのを忘れないようにしたい(笑)


ファミマTカードの画像



 もし、あなたがTポイントカードをまだ持っていないなら、ハピタスを経由してファミマTカードを作ると(この記事を書いている時点で)さらに1,750円分貰えてしまう。


 と、ここまで良いことばかり書いてきたが、もう一つ良い事を書こう(笑)


 きっとあなたは、「どんだけnanacoにお金入れとけばええねん!」っと思ったことだろう。


 でもコレ、すべて使う直前にチャージすれば良いのだ。


 nanacoアプリでもカードタイプでも、スマホからレジで並んでる間にチャージ出来てしまうのだ。


 特にアプリなら残高を確認できるから、だいたい使う分だけチャージすればOK。


 事前に大金を用意しておく必要はまったく無い(笑)


 だから私は、生活費を銀行から出さないで全部nanacoで払っている。


 いつ、どこで、いくら使ったか?


 アプリを見れば日付・お店の名前・金額をメモらなくても後で分かるのでめんどうくさがりな俺にピッタリ(笑)


 で、最後にデメリットも述べておこう。


 このクレジットカードは年会費が本会員1,575円、家族会員420円かかる。


 ただし、通常の利用ポイントとは別にボーナスポイント制度があって、年会費以上のお金を返してもらえる抜け道が存在する(笑)


 (年間100万円以上利用で2,500円分、年間58万円以上利用で1,250円分のボーナスポイントが通常ポイントとは別に毎年貰える。)


 ↑で説明したうちのいくつかをやってみたら、きっとあなたもあっという間に超えてしまうのではないだろうか。


 こう見えても私は、なるべく余計なクレジットカードは持ちたくない。


 なので、ケータイ代を払うのにNTTやauのクレジットカードを作って払うと2%分ポイントが付きます!みたい事までは面倒なのでやらない。


 (電話代以外の買い物は0.5%しか付かないので損する)


 何にいつ使っても1.75%貰えるこれ1枚持ってれば良い。


 電気料金も口座引き落としにしてると毎月50円割引してもらえるが、


 このカードで払うと、仮に電気代が5千円でもその時点で85円分ポイントが付くからその時点で逆転してしまっている。


 オール電化ならもっと差が出るのは確実だろう。


 まあ一つ一つは小さいかもしれないが、↑みたいにまとめると結構な金額が貯まる事は最初に載せた私の明細を見てもらえれば一目瞭然である。


 長くなってきたので、最後にまとめるとしよう。


1.ハピタス経由で「漢方スタイルクラブカード(JCB)」を作る。


2.nanacoにチャージして、何でもnanacoで払う。


3.QUOカードをnanacoで買って使う。


4.Tポイントを貰えるお店ではシッカリ頂く(笑)


5.ノーリスクでお金が貰える。


 いかがだったであろうか?


 全て節約など一切せずに、支払方法を変えただけである。


 少しの工夫でリスクなくお金が貰える方法なのに、知らない&実践していない投資家が多すぎる。


 手数料の安い証券会社を探すのも良いが、このように身近なところにもサヤ取りのように美味しい話が転がっているのを見逃さないでもらいたい。


 せっかく最後まで読んでくれたあなたには、ぜひ上手に活用して無駄なく自分のお金を回収して欲しいと思う。


 いつもブログを読んでくれるあなたへの、これは私からのささやかな恩返しかもしれない。
posted by スイングペアトレーダー at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/310433033
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。